【初心者向け】Adobe の急所!!Photoshop編 “パターンの基本”

今回は、 アドビ フォトショップの、『パターンの基本』ということで、

パターンスタンプツール」「パターンオーバーレイ」について、

解説致します。

名称は聞きなれませんが、 実際はとても簡単です。

まずは、以下の動画をご覧下さい(2~3分です)。

パターン素材

予め、フリー素材サイトからダウンロードしたJPEGファイルを開きます。

今回は、以下の模様を使います。

参考に、画像解像度を確認してみます。

パターンの登録

では、この模様を登録します。

メニューバーの「編集」から、「パターンを定義」を選択します。

名称は「ピンク丸円」としておきます。

OK を押します。

これで、登録されました。

ツールボックスの「パターンスタンプツールを選択、確認してみます。

このように、登録されております。

パターンで描いてみる

では、画面を変えまして、

パターンスタンプツール」を選択し、登録したパターンで描いてみます。

薄いと思うので(個人的主観)、少し濃く調整します。

ブラシツールと同じように、直径サイズ・硬さを調整できます

テキストにパターンを挿入

テキストにパターンを入れることもできます。

まず、適当に文字を入力します。

テキストのレイヤーをダブルクリックし、「レイヤースタイルパネル」を開きます。

そして、「レイヤー効果」の「高度な合成」の「塗り不透明度をゼロにします

透明にしない場合、パターンの上に色が入り、パターンが表示されません。

一旦テキスト文字が消えます。

次に、「パターンオーバーレイにチェックを入れると、

登録したパターンが表示されます

チェックを入れると、パターンによる文字が現れる。

調整

では、設定を調整していきます。

不透明度の調整

比率の調整(テキスト内模様のサイズを調整できます)

角度の調整(テキスト内模様の角度を調整できます)

調整(描画モード)

また、背景に色を付けて、描画モードを変えることにより、

(背景色を反映させて)表現を変えることもできます

以上です。

タイトルとURLをコピーしました