【初心者向け】Adobe の急所!!Photoshop編 “パスを使った範囲選択・保存”

今回は、アドビ フォトショップについて、

「パスを使った範囲選択・保存」ということで、

ペンツールを使って選択範囲を作成する操作方法を解説致します。

基礎の理解にお役立て戴ければうれしいです!!

まずは、以下の動画をご覧下さい(2~3分です)。

前準備

画像内下側のキーボードを、ペンツールを使い、パスで囲います。

パスの保存

次に、このパスを保存します。

パスのパネルを開きます。

すると、先程ペンツールで描いたものが、「作業用パス」として置かれています。

そして、この「作業用パス」をダブルクリック、

「パスの保存」のダイアログボックスの OK をクリック。

すると、「パス1」として、パスが保存されます。

パスを選択範囲に変える

次に、保存されたパスから選択範囲を作成します。

「パス1」を選択した状態で、パスパネル下側のボタンをクリック。

すると、選択範囲が作成されました。

選択範囲の保存

では、この選択範囲を保存します。

選択範囲を表示した状態で、チャンネルパネル下側のボタンをクリック。

選択範囲がチャンネルパネル内に、アルファチャンネルとして保存されます。

選択範囲の再表示

一旦、選択範囲を外した状態で、再度、選択範囲を出してみます。

( 選択範囲を外す場合は、CtrlCommand)+

アルファチャンネルを選択した状態で、

チャンネルパネル下側のボタン(選択範囲を保存するボタンの左側)をクリック、

すると、再び選択範囲が現れます。

検証

では、アルファチャンネルの選択を外し、レイヤーパネルに戻ります。

選択範囲内の色調補正を進めます。

対象のレイヤーを選択した状態で、

今回は、メニューバーの「色調補正」から「明るさ・コントラスト」を選択し、

色調補正を進めます。

選択範囲内だけに、色調補正がかけられます。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました