【初心者向け】Adobe の急所!!Illustrator 編“パスファインダー(形状モード)”

今回は、アドビ イラストレーターについて、

「パスファインダー」の基本操作「形状モード」を、解説致します。

まずは、是非下の動画をご覧下さい(2~3分です)。

三角(青色)

四角(赤色)

正円(緑色)

以上3種類のオブジェクトを使い、

パスファインダー(形状モード)の基本操作を解説致します。

合体

まずは、「合体」です。

三角形と四角形のオブジェクトを重ねて同時選択

パスファインダーの「合体」を選択します。

すると、2つのオブジェクトが合体します。

なお、前面にある四角形の赤色が優先されます

正円も合体させてみます。

最前面の正円の緑が優先され、合体します。

前面オブジェクトで型抜き

次に、「前面オブジェクトで型抜き」です。

三角形と四角形のオブジェクトを重ねて同時選択

パスファインダーの「前面オブジェクトで型抜き」を選択します。

すると、前面の四角形に型抜きされた状態で、

三角形の一部が残ります。

正円も含めてみます。

最前面の正円部分も含めた範囲が、型抜きされます。

交差

次は、「交差」です。

三角形と四角形のオブジェクトを同時選択

パスファインダーの「交差」を選択します。

すると、三角形と四角形の重なっている部分のみ、残ります。

なお、前面にある四角の赤色が優先されます

正円も含めてみます。

このように、最前面の正円部分も含め、重なっている部分のみ、残ります。

なお、最前面の正円の緑が優先されます

中マド

最後に、「中マド」です。

三角形と四角形のオブジェクトを同時選択

パスファインダーの「中マド」を選択します。

すると、三角形と四角形の重なっていない部分が、残されます。

なお、前面にある四角の赤色が優先されます

正円も含めてみます。

重なっているオブジェクトが偶数個の場合は、型抜きされません。

奇数個重なった所が、型抜きされます。

なお、最前面の正円の緑色が優先されます

参考(Altキーを押しながら選択)

追記で、Altキーを押しながらの選択 についてです。

三角形と四角形のオブジェクトを同時選択

Altキーを押しながら、パスファイダーの「合体」を選択合体以外の場合も同様)。

この場合、オブジェクトをダブルクリックすると、合体した後でも、

元のオブジェクトを単体で動かせることができます

動かせる状態を解除する場合は、左上の矢印を2回クリックするか、

関係ないところをダブルクリックして下さい。

また、拡張ボタンを押すことで、変化内容を確定させることができます)。

(確定させてしまうと)

  ダブルクリックしても、オブジェクトを単体で動かすことはできません。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました