中山神社(京都):住宅地にある小さな神社

京都市中京区 – 住宅地にある小さな神社

マンションや一軒家の間、京都の住宅地の中にヒッソリある神社「中山神社」。
写真は、境内から見た外の様子です。

境内

由緒

由緒

延暦13年(794年)に桓武天皇の勅命により、素戔鳴尊(すさのおのみこと)を主神とし、朝夕、内裏の門を守護するという櫛石窓神(くしいわまどのかみ)、豊石窓神(とよいわまどのかみ)の2神を祀る社で、「石神(いそがみ)神社」「岩上(いわがみ)神社※」ともいわれる。
※中京区岩上町にあります

また、嵯峨天皇の冷泉院の鎮守社として崇められたと伝えられ、慶長7年(1602年)、二条城造営により現在地に移転したが、天明8年(1788)の火災にかかり、現在の社はその後再建されたといわれる。また、中山神社の社名は、この地が鎌倉時代の内大臣中山忠親の邸跡であったためと伝えられている。

正面

鳥居赤いマンションの手前にあります。
近くまで行かないと気付かないです^^

狛犬と扁額は定番の形と言っていいでしょう👍

手水舎

手水舎

手水舎の水は流れておりませんが、意外と清潔に保たれておりました。
手水舎を左手に進み、本殿はすぐです^^

本殿

本殿シンプルな本殿ですが、キレイに保てれておりました👍

本殿の手前には舞殿?あり、左手前には井戸があります(井戸周辺の深緑が良かったです👍)。

稲荷神社 & 大日尊

本殿左奥に進むとお稲荷さんもあります^^
小さいですが、キレイに掃除もされております!!

稲荷神社

更に奥に進むと「大日尊」があります。
神仏習合で日本らしくて良いですね👍

大日尊

所感 & 感想

住宅街の中にヒッソリありながらもキレイに掃除もされております。
目立ちませんが、歴史のある素晴らしい神社だと思います。

ps.個人的には、晴れた日に行くと気分がスッキリする神社です!!

有難うございました
<(_ _)>

石柱

 

【アクセス】
阪急京都線「京都四条大宮」下車 徒歩約6分

 

タイトルとURLをコピーしました