岬神社(京都): 京の繁華街のド真ん中にヒッソリと・・・

京都のド真ん中

京都の街中にヒッソリと構える神社を見つけました!

それが、今回紹介する 岬神社 です。

岬神社の正面写真

街中と言っても、

北側は三条通南側は四条通東側は先斗町西側は河原町通り

正真正銘のど真ん中です。

あまりにも小さいので、気付かない方も多いのではないでしょうか💦

由来

岬神社由来写真

御祭神:倉稲魂命(うかのみたまのみこと) 石栄神(せきえいのかみ)

御神徳:農耕・商売・土木・金工など諸業の繁栄、火難除けなどの災厄除け

岬神社の入口写真

キツネさん

中に入ると、2体のキツネさんがお出迎えしてくれます。

岬神社の入った所の写真

周りが建物に囲まれており、日当たりもあまり良くないので、、
少し怖い感じもしますが、、

キツネさんの写真

徐々になれますww

よく見れば、かっこいいキツネさんです👍

坂本龍馬

江戸時代初期、この付近に建てられた土佐藩の京屋敷内に移されました。
そして、御祭神の「倉稲魂命」は「お稲荷さん」の愛称で親しまれていることから、
「土佐稲荷」と呼ばれるようになったようです。

坂本龍馬写真

以降、土佐藩士のみならず、
先斗町・木屋町など周辺の町衆からも「産土神(うぶすなのかみ)」
(地域土着の神)として熱心な信仰を集め、
土佐藩邸内に一般人が自由にお参りできる通路ができたようです!

坂本龍馬肖像

藩士たちの信仰も厚く、坂本龍馬や中岡慎太郎らも詣でたようですね👍

本殿

本殿は小さく、更に左右を建物に囲まれているので、更に狭く感じますが、
逆に独特な雰囲気を醸し出しているように思いました👍

本殿の写真

日本の発展と世界の平和をお祈りしました <(_ _)>

個性的な神社(感想)

おみくじの販売機や手水舎も、個人的には復活させてほしいですね👍

これからも、小さいながらも個性的な神社であることを、

を期待しております <(_ _)>

 

以上です。

 

【参考】

 開門:午前7時   閉門:午後10時

タイトルとURLをコピーしました