菅大臣神社【京都市】:学問の神様と色とりどりの祠(ほこら)

意外と大きい!京都市下京区にある天満宮

本殿前鳥居

本殿前鳥居

京都市下京区の菅大臣町という所にある神社です。
繁華街からは少し外れたところで、撮影当日まで知らなかった神社なんですが、、実際入って見ると意外に広く、御祭神の他にも多数の祠があり驚きました!!
見所は沢山ありますので、順を追って写真付きで解説していきます。

猫に出会える確率が高い?ので、猫好きには何度も訪れたい神社と言えるかもしれませんね!

猫

本殿手前にいた猫

独特な雰囲気を醸し出す神社です^^

由緒

御祭神:菅原道真公

正式名称:菅大臣社(かんだいじん の やしろ)

通称:菅大臣天満宮(かんだいじん てんまんぐう)

菅原道真公(845~903年)の紅白梅殿という邸宅や菅家廊下と称する学問所の跡地。
更に、菅原道真公誕生の地とも伝えられ、境内には産湯の井戸が保存されております

神社は公没後間もなく創立されたが、度々兵火にかかり、鎌倉期には南北両社に分かれた。
→ 当社を「天神御所」、白梅殿社北社を「紅梅殿社」と呼んでいた。

応仁の乱後の1614年、菅家ゆかりの曼殊院宮良恕法親王により再興され今日に至る。

なお、本殿は、天明の大火・元治の兵乱で焼失するが、現本殿は三間社流造の下鴨神社旧殿を1869年に移築、その後幣殿を建立して八棟造となった

太宰府へ左遷時、
『 東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春なわすれそ 』
と詠まれた。その「飛梅の地」が当社だと言われている。

学問の神様 ~ 受験の時など多々お世話になりました ~

入口から本殿へ

【鳥居(北側入口)】

では今回は、北側の鳥居から入ります!

続いて参道です。
参道というか、広めの路地を通っている感じですが^^

お地蔵さんとか、京都っぽい!

本殿

参道を100メートルくらい歩いて左手に本殿があります^^

では、本殿に入ります👍

いつも有難うございます<(_ _)>

末社 & 摂社

4つの祠(白大夫・福部社・火御子社・老松社)があります。

いろいろありますね~

境内を更に探索!

手水舎

稲荷社(三玉稲荷社/春崎稲荷社)

別の鳥居(入口)

鳥居(南側入口)

鳥居(西側入口)

西側入口から本殿へ

それぞれの入口に見所があります!

猫にも会える^^

人見知りする猫もいますよ

所感 & アクセス

とにかく見所が以外と多い神社です。
天神さんについては、複数個所の天満宮にてお参りしたことがあります。どちらも素晴らしいですね。今後とも宜しくお願い致します。

また、猫に会えるというのも、猫好きにとってはとてもありがたいです^^

 

【アクセス】
地下鉄烏丸線「四条」下車 徒歩約5分
阪急京都線「烏丸」下車 徒歩約6分

 

 

タイトルとURLをコピーしました