【初心者向け】Adobe の急所!!Photoshop編 “ブラシツールの定義”

今回は、 アドビ フォトショップの、『ブラシツール』について、

ブラシの定義」という内容について、解説致します。

名称は聞きなれませんが、 具体的には「自作ブラシの作成」という内容で、

消して難しいものではありません。

まずは、以下の動画をご覧下さい(2~3分です)。

注意:最終の自作ブラシの名称について、誤って「新規ブラシ改良済み」と解説しておりますが、正しくは「自作ブラシ改良済み(画像の通り)」です。

自作模様の作成

まず、新規作成から、正方形のアートボードを作ります。

サイズは特にこだわりませんが、今回は1000×1000にしておきます。

では、自作模様を作成します

かなり適当な模様ですが・・・

模様は各々作成して戴ければと思います。

ブラシツールへ登録(ブラシを定義)

では、この模様を、ブラシツールへ登録します。

メニューバーの「編集」から、「ブラシを定義」を選択します。

名称は、「自作ブラシ」としておきます。

ブラシの設定」を開くと、このように登録されております。

調整①

もう少し広い画面で、ブラシの設定を変えていきましょう!

「ブラシの設定」を開き、登録したブラシで、記入してみます。

かなり大きいので、、、

「ブラシの設定」で、サイズなど変えていきます。

サイズを小さくします。

間隔を広くします。

調整②

次は、シェイプです。

サイズのジッター、つまり変動率、を調整します。

角度のジッターを調整します。

真円率のジッターを調整し、最小の真円率も調整します。

調整③

次に、散布です。

散布の幅、数、数のジッターを調整します。

これで、一旦完成とします。

保存

では、この設定を保存します。

右下のプラスのボタンをクリックします。

名称は、「自作ブラシ改良済み」としておきます。

登録されました。

なお、調整前の「自作ブラシ」は必要ないので、削除しておきます。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました