【初心者向け】Adobe の急所!!Photoshop編 “ブラシツールの基本”

今回は、アドビ フォトショップについて、

「ブラシツール」の基本について、解説致します。

ブラシツールの全体像の理解にお役立て戴ければ幸いです。

まずは、下の動画をご覧下さい(2~3分です)。

前準備

ツールボックスからブラシツールを選択します。

新規レイヤーを作成し、こちらにブラシで描くようにします。

【理由】

 ・表示/非表示で確認がし易い。

 ・元画像をそのまま残すことができる。

コントロールパネルを開く

コントロールパネルのボタンをクリック

・ブラシの幅 

・ブラシの硬さ 

・使用履歴 

・プリセット 

が表示されます。

まずは、プリセットのハード円ブラシで記入してみます。

次に、ソフト円ブラシで記入してみます。

ソフト円ブラシは硬さがゼロなので、ボケ感が表現されます。

参考に、ソフト円ブラシの硬さを100%にして、記入してみます。

ボケ感がなくなりました。

ハード円ブラシとソフト円ブラシは、硬さなどで再調整できるので、

「実際2つは同じもの」と考えても問題ありません。

その他

不透明度を下げれば淡く表示され、黒色の場合はグレー色になります。

流量を下げればかすれた感じを表現することができます。

参考

描画色を変えれば黒色以外も描けます。

直径サイズは、ショートカットキーでも調整できます。

[:直径縮小  ]:直径拡大

硬さは、ショートカットキーでも調整できます。

Shift [:硬さを下げる(ボケる) Shift ]:硬さを上げる(ボケない)

その他のプリセット

もう一度コントロールパネルの所を開き、

プリセットをザックリ見ていきましょう!

・汎用ブラシ 

・ドライメディアブラシ 

・ウェットメディアブラシ 

・特殊効果ブラシ 

・レガシーブラシ 

があります。

大量にありますが、無理に全てを覚える必要はなく、

必要に応じて、使いながら覚えれば良いと思います。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました