大将軍神社(京都):邪霊の侵入を防ぐ👍

河原町三条を更に東へ

京都の繁華街と言えば「河原町通り」だと思いますが、

三条通を、河原町通越えて、
東へ東へ10分程度歩いたところの左手に、「大将軍神社」があります!!

正面

マンションなどの住宅に囲まれていますが、見つけることは容易だと思います^^

 

東側の鳥居

反対側にある東側の鳥居は、手前にお寺があり、歴史を感じさせる風景です👍

由緒

主祭神
 素戔鳴尊(すさのおのみこと)

相殿
 藤原兼家(ふじわら-の-かねいえ/平安時代の関白)

 

平安京造営時(794年)第50代・桓武天皇が大内裏鎮護のために、都の四方四隅に祭祀した大将軍神社の東南方角の一つで、「南大将軍」と言われたとも。
この地は、京の七口の一つ三条口の要地に当たり、邪霊の侵入を防ぐ意味で重要視されていた

手水舎

鳥居をくぐり境内に入った所の左手に手水舎があります。
水は止まってますが、蛇口をひねると水がでるシステムです^^

本殿へ

更に進み、本殿へと向かいます。
本殿の手前には舞殿があります。コンパクトですが立派な舞殿ですね~👍

 

そして、本殿です!!

【御神木(イチョウの木)参考】
幹の周り:4. 1m
樹の高さ25. 5m
樹齢:伝承800年
参考:京都市の区民誇りの木に指定されています

末社

【荒熊稲荷社】

【天満宮】

【隼社】

隼社の手前には馬の像が^^

【白龍弁財天】

所感 & アクセス

こちらの神社も数多くの末社があり、賑やかで良いですね~^^
三条河原町の繁華街から少し離れており、人は多くないのでゆっくり参拝できましす。

有難うございました<(_ _)>

境内の画像

本殿に向かって右側の所で一服できます^^

 

【アクセス】
地下鉄東西線「東山」駅 徒歩約4分
京阪京都線「三条京阪」駅 徒歩約8分
京都市東山区三条大橋東三丁目下る長光町640

 

 

タイトルとURLをコピーしました