兒(ちご)神社【京都市】:広沢の池の横 意外?カワイイ系神社^^

「広沢の池」近くの綺麗な神社

京都嵯峨野にある「広沢の池」。観光スポットとしても有名で、「大覚寺」も近くにあります!
その広沢の池の近くに「兒(ちご)神社」があります。

兒神社は府道29号線沿いにあり、近くまで寄ると、大きな御神木が目に入ってきます^^
また近くには学校のグラウンドなどがありもあります!

また、秋から冬にかけて、お天気の良い日は空気が澄み切ってます!
京都らしいというか、なんとなく引き締まった雰囲気を味わうことができます👍

由緒

由来の説明画像

入口付近(鳥居近く)

兒神社は児神社とも書き、「ちごじんじゃ」と読まれます。
なお、創建の年月等は不明です。

御祭神:

 寛朝大僧正()の侍児(仕えていた子供)

 ※真言宗初の大僧正。
  千葉県成田市の成田山新勝山を開山し、ここ嵯峨野に遍照寺を建立した名僧。


平安時代中期の長徳4年(998)の寛朝大僧正が亡くなられましたが、その時に大僧正の霊が遍照寺山腹の老松から龍となって昇天して行くのが見えたと伝えられております。
そして、大僧正に仕えていた侍児がこれを見て嘆き、後を追って広沢池に身投げをしてしまったそうで、その後、周辺の人々がこの侍児を哀れみ、慰めるためにこの社を建立、「兒神社」と名づけたそうです。

正面

正面の鳥居は、あまり大きくありませんが、スッキリした感じですね^^

正面鳥居の画像

 

石柱も、小さいながらも雰囲気あっていいですね👍

石柱の画像

兒は「ちご」と読みます

手水舎

神社のほぼ真ん中に手水舎があります。キレイにされており好感ですね👍

本殿

本殿もスッキリしてます。いいですね^^

本殿の画像

本殿正面

本殿周りの画像

本殿の周りは、多くの樹木がスクスク成長しています^^

多くの木々に囲まれながらも、木々の感覚が絶妙で、スッキリした空間でした👍

本殿の周り(木々が美しい!!)

本殿周りの画像

何度も言いますが、、ホントに木々が、程良い感覚で配置されております👍

色々あります^^

【縁結びの石なるものが・・・^^】

 

【昔はここからお祈りしていたそうです(境内入って左側)^^】

 

【ここに座ってお祈りします^^願いが叶うかもね!!】

 

【立派なご神木です👍👍】

御神木

寒い時期でしたが、青々と茂ってます👍

 

【正面鳥居近くの「廣澤池之碑」^^】

神社入口、鳥居のそばにあります

所感 & アクセス

とにかくキレイでスッキリした神社です。
また程良い感覚で木々があり、気持ちもスッキリする神社でした。
広沢の池や大覚寺などで有名な一帯ですが、
この兒神社も、負けずとも劣らない観光スポットだと思いますね👍👍

有難うございました<(_ _)>

境内にはベンチもあり、くつろぐこともできます^^

 

【アクセス】
京都市バス「山越」下車 徒歩約10

 

 

 
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました